2010年08月18日

かいけつゾロリ きょうふのようかいえんそく



 この話に出てくる妖怪の子どもたちは、最初に登場したときは、
見た目やキャラクター名だけでは何の妖怪か分かりにくいけど、
その妖怪ならではの技を使って活躍する場面があって、そこで明らかに。
 キャラクター名も、その妖怪の種類に関連したものになっていると分かり、
ネーミングセンスに感心しました。
 
posted by Book Do at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。