2008年03月28日

管理人が選ぶ大学受験参考書ランキング

 高校2年生の方へ。
 4月からは3年生……受験生ですね。
 そこで今日は、ライトノベル漫画に続き、
管理人が選んだ大学受験参考書のランキングを発表します。
 ちなみに、役に立つかということもさることながら、
笑えるかどうかということも重要なポイントにしてランク付けをしてます。


  第3位 恋する英単語



 後述する「もえたん」のBL版。
「兄はarchitectureの仕事をしている」
 のように、例文はトピックの英単語以外は日本語なので、
覚えやすいです。
 skill・squize・scream・shortageの例文は特に秀逸。


 第2位 もえたんシリーズ



 右のは参考書じゃないですが、最近発売されたので。

「もえたん」はギャグ本というのが一般的な見解ですが、私は、
この本は参考書としても優れていると思います。
 例えば、初代もえたんには、

 It is 〜 for S to V.

という例文が複数登場します。
「SがVするのは〜だ」のように訳します。
「Sにとって」と訳してはいけない、というわけですが、
もえたんの例文はいずれも、「Sにとって」と訳すと不自然になるので、
正しい訳し方を覚えることができます。

 シリーズの中でも私のおすすめは、
値段が安い上にページ数の多いmoetanU(上)です。
 上巻だけでも、初代や3代目よりも多くの単語が収録され、
stand(我慢する)やbook(予約する)など、
多義語の忘れがちな用法も覚えられるので、お得です。

 このような多義語についてもっと覚えたい方は、
この本もあわせて読むとよいでしょう。



 もえたんとは別のシリーズのこの本は、
takeやgetのようなよく使われる動詞について、
1語につき10以上の日本語訳を掲載。
 もえたん同様、萌えるイラストも満載です。
 ただしこの本は大学受験というよりは英会話などを目的としており、
従って今回のランキングからは外しました。


 第1位 村上龍一シリーズ



 語呂合わせで覚える本ですが、
そのあまりの強引さに笑いが止まりません。

 英熟語の本から、例を一つ挙げてみましょう。

 live on 〜:〜で生計を立てる、〜を常食とする

 覚え方:リー・ブー、温度計を常食とする。

 ブルース・リーと高木ブーが温度計をバリバリ食べている、
という場面を思い浮かべなさい、ということだそうです。
 イラストもついています。
 もう少しマトモな覚え方はなかったのでしょうか。
「温度計を作って生計を立てる」とか。


 では、この辺で。ガンバレ受験生!
posted by Book Do at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。